女性不感症の媚薬について探してみる

不感症や冷感症の女性用媚薬の作用説明

Archive for the ‘媚薬の作り方’ Category

媚薬の正確な食べ方法

leave a comment »

一般的には、治療虚症や胃腸病は、食前服用さんじゅう~ろくじゅう分、心を癒し、肺と他の一般の疾病は通常、食後にさんじゅう分を佳服用を避けるために胃腸薬が減少刺激、副作用の発生、消化を助けるや胃腸に刺激の媚薬もあわせて食後服用、利点の媚薬通販と降り注ぐ便通の薬は食前服用しなければならなくて空腹。

そのうち、便通薬などの大黄、火火麻仁など、宜早朝や昼間服用を避けるために、夜寝る前にまたは服用するべきで、駆虫薬を服用しても朝空腹で、独参湯は寝る前に服用するべき。

また、「熱いうちに飲む」は大部分人の習慣を煎じ薬。実は、飲む煎はきっと“熱いうちに」。漢方医の理論は、一般の媚薬の煎じ薬は「温服」、つまり薬湯煎後直ちにろ過、常温であるからさんじゅう℃~37℃の時に飲む、丸散一種類の製薬はぬるめのお湯で送って着;は解表、発散寒風と寒気の媚薬こそ「熱服」薬を飲んだ後は、さらには食べる時のかゆ、お湯を助け、薬効;止吐、解毒、解熱薬は、「冷服」は、刺激を避けるために。飲んで媚薬の時時間制御に注意して、才能は最高効果。

上のこれらのエラーの薬を飲む方法皆さんは正すことができて、さもなくばもし間違った薬を続けると、私たちの体に非常に大きなダメージも、病気を引き起こす深刻で、体の健康に影響を与え、正しい薬薬を発揮し、最大の効果を保証するために、体の健康、あなたの生活は楽しい!

広告

Written by biyaku

7月 31, 2017 at 6:57 am

カテゴリー: 媚薬の作り方

媚薬を自分の頭で製造する方法

leave a comment »

媚薬って実は自分の体で作れるって知ってますか?人は恋をしたときに出すホルモンがあって、それが
「恋する女性が綺麗になる」始まりの合図になるんです!

恋をすると、脳にPEAというホルモン濃度が上昇し、
いわゆる「トキメキ」が発生します。

だから、「好きな人と初めてデートする場所は遊園地がおすすめ」とか
「吊り橋で出会った二人は結ばれやすい」という恋のテクニックが
あるわけなんですね^^

他にも「ライバルがいる」「誰かに恋路を邪魔された時」などの
「障害があるほうが燃える」という状態にも分泌されます。

さてこのPEAが分泌すると、次々に
エストロゲン(女性ホルモン)ドーパミン、オキシトシンなどの
ホルモンが分泌されます。

すると・・・胸が苦しくなったり、ほほが赤くなったり、
眼が潤んだ状態に。
また、恋愛は脳の中でも、本能をつかさどる部分で行われるので
食欲中枢も刺激され、空腹を感じにくくなりダイエット効果も!
他にも、エンドルフィンの分泌で幸せな気分をもたらしたり、
何でも楽しく感じられる、キラキラ状態です☆
これが「恋する女性が綺麗になる」という秘密なんですね。

そう、つまり「自分で製造する媚薬」とは、
PEAを活性化させることです。

恋する媚薬が足りないなぁ・・・と思ったら、PEAを補いましょう。
PEAを多く含む食べ物はココアやチョコレートがあります。
恋がしたい!と思ったら、チョコレートをポケットに忍ばせておくのも
よいかもしれません。

もっと近づきたい!って思う彼と一緒に飲むと、もう二人はPEA放出状態?!

また、擬似的に恋愛することでも
恋する媚薬・PEAを活性させることが可能だそう、
つまり、恋愛小説や映画、DVDなどを観て気持ちを盛り上げていくのも
素敵な恋をつかむためには大切なことなんですね。

さて、この恋する媚薬ホルモンPEAは、一種の刺激剤のであって、
3年ぐらいを目安に分泌量が少なくなってくるんだそうです。
”恋心”は、人の体にとって、一つのストレス状態でもあったりするので、
これが永遠に続くことは、正直、不可能です。

3年目の浮気・・・という言葉があるように、3年という時期が
ターニングポイントになるようです。

Written by biyaku

2月 20, 2011 at 10:25 am

カテゴリー: 媚薬の作り方

媚薬の作り方—媚薬飲用の魔術の作り方

leave a comment »

媚薬の作り方—媚薬飲用の魔術の材料

•ヒルガオの花を乾燥させたもの
•ナンテンの葉か実の粉末
•シャクナゲの花を乾燥させたもの
•カマキリの黒焼きの粉末
•月桂樹の葉の粉末

媚薬の作り方—媚薬飲用の魔術の作り方・・・まず材料のからまでを 4・3・2・1の割合で調合し、これを二つにわける。片方をチャンスをつくってお茶などに投入し目指す相手にのませる。残りの半分に材料のを混ぜ合わせ、相手にのませた のと同じ日に自分で飲む。

媚薬の作り方—媚薬飲用の魔術の効果・・・飲んでから2~3日後に相手を誘えば、それまで誘いに乗ってくれなかった相手も気安く応じてくれ、首尾よく事を遂げられる。なお、カマキリの黒焼きの代わりにタツノオトシゴの黒焼きでもよい。

Written by biyaku

2月 19, 2011 at 10:20 am

カテゴリー: 媚薬の作り方

媚薬の作り方

leave a comment »

「えーっ!」媚薬の作り方は良いとして、蜂蜜をアソコに塗ってしまうの!?この媚薬の作り方って効果あるんだろうか?もし効果がなかったらアソコがベトベトになるだけって、悲しすぎます。

媚薬の作り方を探していたら、ありました、ありました。蜂蜜を使う媚薬の作り方が。蜂蜜って健康栄養食品ですよね~、それが媚薬にもなるのかな?まぁ、それはおいといて、その媚薬の作り方が載っていたのはインドの性典と呼ばれるカーマスートラ。カーマスートラと言えば性愛の古典と言われる有名なものなんだそうです。さあ、ではその媚薬の作り方なんですが、いくつも載っているうちの一つを見てみましょう。

なになに、その媚薬の作り方とは、黒コショウとチョウセンアサガオを蜂蜜に混ぜる。うん!?それだけ?..えらく簡単ですね~。なんか媚薬の作り方って聞くとかなり複雑なイメージがあって、呪文なんか唱えるのかな?と考えてたんだけど、かなり簡単な媚薬の作り方。

それで、作った媚薬を…飲むのではなく、男根に塗って女性と交わるということです。すると、思い通りに女を恍惚たらしめるとなっています。でも、女性のアソコが蜂蜜でベットリですよね~。これってよいのかな?

あっ、そうか。後で舐めてあげれば良いか~!?蜂蜜嫌いな男はどうすんだ!まぁ、カーマスートラに載っているほどの媚薬の作り方なんで、それなりに効果はあるのかな?本当にあるのかな?この媚薬の作り方試して見る気ある?と聞かれたら、蜂蜜をナニに塗るんだよね?私はパスしますぅ。

Written by biyaku

2月 16, 2011 at 10:17 am

カテゴリー: 媚薬の作り方